武士道協会

これまでの名言集 >>

涙をかかえて沈黙すべし

中岡慎太郎

▼ 名言の解説についてはこちら
 中岡慎太郎は土佐出身の郷士志士だ。しかし早くから脱藩し、京都にあって過激派の公家や長州藩と連携を保ちながら、尊王討幕運動を続けていた。
 八・一八の政変のときも、七人の公家に従って長州に行った。そして禁門の変には、浪人で編成した遊撃隊を率いて突入した。が、敗れた。
 浪人志士たちが“今楠木公(現在の楠木正成公)”と尊敬していた真木和泉は、京都から脱し天王山の頂上に上って自決した。
 中岡慎太郎は再び長州の三田尻に帰った。このころ故郷から便りが来て、土佐勤皇党が壊滅させられ、同志二十三人が斬首に遭ったといわれた。
 中岡慎太郎は暗然と声を呑んだ。つぎつぎと重なる悲運にかれはぐっと歯を食いしばった。
 このときに彼が書いた手記が「涙をかかえて沈黙すべし」という悲壮なものである。この手記はまだ土佐藩に潜伏している同志に送られたものだ。
 土佐の同志にとっては、慎太郎の同志と言われた坂本竜馬よりもかなり信望があった。中岡慎太郎は後に土佐藩の陸援隊長になる。

▲ この解説を閉じる

お悔やみの言葉


この度の西日本豪雨災害により、多くの方々が未曾有の被害に遭い、哀しみと苦しみの最中と察して余りあることと存じます。

犠牲になられた方々、そして、ご遺族の方々へ、御冥福をお祈りすると共に深く哀悼の意を表します。また、被災された方々に、心よりお見舞い申しあげます。

今もなお、自衛隊、消防隊をはじめとする救援活動に御尽力なさっている皆様、自治体やボランティアの皆様、安全に充分御留意なされて、一刻も早く、一人でも多くの被災者の方を助けて頂けますよう、御無事で安全に活動ができますようにお祈りいたしております。
そして、未だ取り残されたままの方々の御無事をひたすら祈っております。


特定非営利活動法人武士道協会
副理事長兼事務局長
本多百代

活動予定へ >>

これまでの活動 >>

福岡 2018年度活動報告
( 2018-08-29 更新)

【福岡】九州地区本部 武士道勉強会を開催しました。 担当:本部副理事長兼福岡県支部長立山雄二  090-3327-0823 2月〜12月まで毎月武士道憲章を1 … »続きを読む

東京 2018年度活動報告
( 2018-08-29 更新)

【東京】首都圏地区本部 武士道勉強会を開催しました。 担当:理事兼首都圏地区本部長 青山 誠 090−4529−2549 東京では、 武士道 … »続きを読む

京都 2018年度活動報告
( 2018-08-29 更新)

【京都】関西地区本部 武士道勉強会を開催しました。 担当:常務理事兼関西地区本部長 山田義富 090−8885−2007(京都以外) 常 … »続きを読む

2016年の活動結果報告
( 2016-11-21 更新)

2016年の活動結果報告 11月17日(木)【福岡】大分にある菊池武敏公命日に墓参してきました(歴史/活学の一環) 11月 6日(日)【京都】関西地区本 … »続きを読む

10月18日(日)【京都】関西地区本部月例会県勉強会を開催しました
( 2015-12-29 更新)

10月18日(日)【京都】関西地区本部月例会県勉強会を開催しました 場所:西陣東山堂本店 時間:10:30〜12:30 講師:本多百代 武士道協会常務理事 … »続きを読む

11月7日(日)【福岡】九州地区本部福岡県支部第1回武士道勉強会を開催しました
( 2015-12-29 更新)

11月7日(日)【福岡】九州地区本部福岡県支部第1回武士道勉強会を開催しました 場所:南区市民センター 時間:14:00から17:00 講師:本多百代 武士 … »続きを読む