武士道協会

これまでの名言集 >>

砲技の人となるなかれ 天下の士となるべし

西郷隆盛

▼ 名言の解説についてはこちら
 この言葉は西郷隆盛が後輩の黒田清隆(当時は了介)に告げたものだ。黒田清隆が、藩の命令によって幕末の有名な砲術学の江川塾(すでに死んだ太郎左衛門が開いた砲術塾)に入門したときに、西郷が黒田を戒めて告げた言葉である。西郷は黒田の中に「将来こいつはものになる」という資質を認めたのだろう。
 西郷自身、郡奉行所役人であったときに、主人の島津斉彬から「薩摩のカエルで終わるな。日本のカエルになれ」と諭されたことがある。同じことを後輩に告げたのだ。
 これは黒田と薩長連合の下工作をしていた長州藩の山県有朋についても同じ事が言える。
 山県もはじめは槍の名人を志したが、松陰や諸先輩に諭されて「尊王攘夷論者」という思想的発展を遂げてゆく。
 黒田は数学が得意だったという。また英語もよくこなした。江川塾で砲術の免許皆伝を受けたが、同時に黒田は「人を指揮し統率する要領」も身につけた。
 西郷が忠告した「砲技の人(砲術の名人)にならず、天下の士となるため」の勉学であった。

▲ この解説を閉じる

お悔やみの言葉


この度の西日本豪雨災害により、多くの方々が未曾有の被害に遭い、哀しみと苦しみの最中と察して余りあることと存じます。

犠牲になられた方々、そして、ご遺族の方々へ、御冥福をお祈りすると共に深く哀悼の意を表します。また、被災された方々に、心よりお見舞い申しあげます。

今もなお、自衛隊、消防隊をはじめとする救援活動に御尽力なさっている皆様、自治体やボランティアの皆様、安全に充分御留意なされて、一刻も早く、一人でも多くの被災者の方を助けて頂けますよう、御無事で安全に活動ができますようにお祈りいたしております。
そして、未だ取り残されたままの方々の御無事をひたすら祈っております。


特定非営利活動法人武士道協会
副理事長兼事務局長
本多百代

活動予定へ >>

これまでの活動 >>

福岡 2018年度活動報告
( 2018-08-29 更新)

【福岡】九州地区本部 武士道勉強会を開催しました。 担当:本部副理事長兼福岡県支部長立山雄二  090-3327-0823 2月〜12月まで毎月武士道憲章を1 … »続きを読む

東京 2018年度活動報告
( 2018-08-29 更新)

【東京】首都圏地区本部 武士道勉強会を開催しました。 担当:理事兼首都圏地区本部長 青山 誠 090−4529−2549 東京では、 武士道 … »続きを読む

京都 2018年度活動報告
( 2018-08-29 更新)

【京都】関西地区本部 武士道勉強会を開催しました。 担当:常務理事兼関西地区本部長 山田義富 090−8885−2007(京都以外) 常 … »続きを読む

2016年の活動結果報告
( 2016-11-21 更新)

2016年の活動結果報告 11月17日(木)【福岡】大分にある菊池武敏公命日に墓参してきました(歴史/活学の一環) 11月 6日(日)【京都】関西地区本 … »続きを読む

10月18日(日)【京都】関西地区本部月例会県勉強会を開催しました
( 2015-12-29 更新)

10月18日(日)【京都】関西地区本部月例会県勉強会を開催しました 場所:西陣東山堂本店 時間:10:30〜12:30 講師:本多百代 武士道協会常務理事 … »続きを読む

11月7日(日)【福岡】九州地区本部福岡県支部第1回武士道勉強会を開催しました
( 2015-12-29 更新)

11月7日(日)【福岡】九州地区本部福岡県支部第1回武士道勉強会を開催しました 場所:南区市民センター 時間:14:00から17:00 講師:本多百代 武士 … »続きを読む