NPO法人武士道協会

これまでの名言集

徳川家非長久

岩倉具視

▼ この名言の解説
 和宮降嫁を策した頃の岩倉具視は、文字通り「公武合体」がこの国にとっても朝廷にとってもあるいは徳川幕府にとっても非常によい案だと思えた。
 しかし、それによって過激なテロリストに生命を狙われ、辞職して岩倉村に住むようになってから考えが変わってきた。
 公武合体は「京都朝廷(公家政権)と徳川幕府(武家政権)」の一和だ。その頃の岩倉は、だから「徳川家長久」を祈っていた。
 しかし文久年間から岩倉村に住むようになり、同時にいろいろな人の出入りがあって、その考えを聞いているうちに、次第に「徳川家非長久」の思想に変わっていった。
 徳川家非長久はやがて「倒幕」になり、さらに「討幕」になってくる。最終的には武力を行使しなければだめだということである。
 そして幕府を倒した後に成立させる政権は「天皇親政」であって「王政復古」がその手段になる。
 岩倉は無二の忠臣で、時の帝孝明天皇に真心をつくしていた。岩倉村にいるときも、ここを通る商人たちを脅しては、通行料をせしめ、それで天皇に好きな酒や肴を買って御所に届けた。朝廷から貰っていた自分の京都の屋敷は、博打場に貸していたという。
 しかし、かれはたとえ幕府を滅ぼすにしても、その前にやらなければいけない課題が沢山ある。それに薩摩の始末・長州の始末・脱藩及び草莽志士の始末・世評の始末・醜夷の始末などをあげている。
 この辺に、かれが単なる長袖公家ではなく、「現実の課題をありのままにみつめる」というリアリストの性格を遺憾なく示している。

▲ この解説を閉じる

宮さん宮さんお馬の前に

品川弥二郎

▼ この名言の解説
 幕長戦争がはじまったころ、京都の一角、岩倉村ではすでに「討幕の密計」が着々と進んでいた。指導者は下級公家の岩倉具視だ。
 岩倉は和宮降嫁を推進した罪でテロリストに追われ、職を辞してこの小さな屋敷に隠棲していた。
 すでに討幕を考える志士がしきりに出入りした。大久保一蔵・坂本竜馬・中岡慎太郎・品川弥二郎・香川敬三・田中光顕・原保太郎・松尾多勢子(信州の勤王ばあさん)など枚挙にいとまがない。
“類は友を呼ぶ”ということばがあるが、岩倉は怪人だ。だから集まってくる人物もみんな一癖も二癖もあった。
 岩倉にはブレーンがいた。下級公家の出身で玉松操だ。かれはすでに「討幕の密勅」の案文を書き、さらに「幕府を討つときは、これを軍旗として掲げましょう」といって錦の御旗のデザインも考えていただけでなく、西陣の織物師にその作成を命じていた。
 そんな状況の中で、品川弥二郎は、「では、官軍が進むときに歌う歌を考えましょう」といって「宮さん宮さんお馬の前に ヒラヒラ(元はビラビラ)するのは何じゃいな あれは(元はありゃー)朝敵征伐せよとの錦の御旗じゃ知らないか」という日本の軍歌第一号の歌詞を考えている。メロディーは京都の花街から呼んだ芸者が作ったという。
 後の明治憲法の草案に深く関わりあった伊藤博文も「芸者の膝枕で案文を考えた」といわれたが、当時の志士たちにとってこういう国家の大事も、ある意味でゆとりをもって対処していた。いいか悪いかは別問題だ。

▲ この解説を閉じる

龍等も同席……毛頭相違これなく

坂本竜馬

▼ この名言の解説
 入洛した坂本竜馬は呆気にとられた。かれは「さぞかしもう連合の約定書ができているだろう」と思ってやってきたからだ。
 ところが西郷も木戸も沈痛な表情をして黙り込んだまま、将棋盤をにらんでいるだけだ。黒田に聞くと「まだなんの話もしていない」という。さすがの竜馬もカッとした。いきなり将棋盤に手を掛けてひっくり返した。将棋の駒がぱっと散った。
 竜馬は怒鳴りつけた。「一体、おぬしたちは何をやっているんだ! それが日本の国を思う志士のやることか!」。つまらない面子(メンツ にこだわって、どっちかが先に切り出さなければ面目が立たないなどという考えを捨てろ、早く手を握れ、とかれはまくし立てた。西郷も木戸もさすがに顔を見合わせた。
 西郷が言った。「坂本どん、おいが悪かった」。木戸も、「坂本さん、許してくれ。考え違いだった」と謝った。坂本の斡旋で薩長軍事同盟が成立した。
 長州藩は日本中を敵にしている。しかし薩摩藩は長州藩に味方し、幕長戦争で長州藩が勝っても負けても薩摩藩が支えるという内容だ。そして目的は「両藩が皇国のために誠心を尽くし、尽力する」ということである。長州藩は目下朝敵だ。この汚名を解くのも薩摩藩が力を貸すという一項も書かれた。
 しかし木戸にすれば、薩摩藩には何度も$されている。木戸は坂本を見た。「君が証人になってほしい」。坂本は承知した。裏書をした。「龍等の同席にて談論せしところにて毛頭相違これなく……神明の知るところに御座候」。
 わたしはこの約定書をかつて京都郊外の岩倉具視隠棲跡で見た記憶があるが、あるいは勘違いかもしれない。
 同盟が成って黒田は木戸を送って長州に行った。長州藩主毛利敬親は特に黒田を呼んで刀を与えた。
 このとき黒田は粗末な衣類だったので、木戸から羽織を、井上聞多(馨)から袴を借りたという。木戸が「紋が違うぞ」といったが黒田は笑い飛ばして「そんなことは目じゃない」といった。

▲ この解説を閉じる

桂馬の高飛び歩の餌食

西郷か木戸

▼ この名言の解説
 薩長連合の気運が次第に高まった。そこで、坂本竜馬や中岡慎太郎が間に入って、この実現に努めた。
 薩摩藩からは代表として西郷隆盛(当時吉之助)、長州藩から木戸孝允(当時貫治)が話し合うことになった。場所は、京都伏見の薩摩藩邸である。このお膳立てはすでに薩摩藩の西郷の後輩黒田清隆(当時了介)がつくっていた。
 会談に立ち会ったのは、西郷・木戸のほか、黒田・村田新八・三好軍太郎(長州奇兵隊長)・品川弥二郎(長州御楯隊長)などだったという。
 木戸が長州から大坂に着いたのは慶応二(一八六六)年一月四日のことだった。西郷と村田が迎えた。薩摩藩邸に入った。しかしどちらからも連合の話は切り出さない。互いに面子(メンツ があるからだ。
 この間、西郷と木戸は盛んに将棋を打ったという。どっちが言ったのか知らないがおそらく「桂馬の高飛び歩の餌食」などという言葉が口から出たことだろう。つまり、自分の方から先に言い出すと、相手に食われてしまうということだ。
 しかしこういう話はどっちかが切り出さなければものにならない。将棋ばかり打っているうちにむなしく十数日が消えてしまった。
 気の短い木戸は嫌になった。そこで「そろそろ長州へ戻る」と三好や品川に告げた。三好と品川は顔を見合わせた(ここまで来て、もう少しというのに木戸さんは気が短い)と思った。同時に(西郷さんの方も切り出してくれればいいのに)と残念がった。
 そんなところに坂本竜馬がやって来た。これは前後の様子からすると、黒田清隆がしきりに坂本の上京を促したフシがある。この辺の黒田の行動は、状況を判断しての政略性に富んでいた。
 坂本が京都にやってきたのは一月十八日であった。事態は急転直下する。

▲ この解説を閉じる

そこじゃ話ができねえよ、こっちへおいで

勝 海舟

▼ この名言の解説
 勝海舟は、門人に池田屋事変や禁門の変に参加した者がいたので、罷免されてしまった。元治元(一八六四)年の暮れに江戸に戻り、自宅謹慎した。それから約一年半、読書三昧で暮らした。
 ところが慶応二(一八六六)年の夏、徳川家を相続した慶喜から呼び出しが来た。「長州へ行って、向こうの代表と密かに休戦協定を結んで来い」ということである。
 場所は安芸(広島県)の宮島(厳島)の大願寺だった。勝は出掛けた。長州藩の代表としてやってきたのが広沢兵助(真臣)だ。相手が前海軍奉行という幕府の高官なので、広沢たちは遜って廊下にいた。
 そこで海舟が「そこにいたんじゃ話ができない、こっちへおいで」と座敷へ招いたのだ。
 この時、海舟は寛大な条件を出して休戦条約を結ぼうとした。しかし広沢は、「勝先生は信頼できても、徳川慶喜殿は信用できません。したがって条約は結びません。ただ、敗走する幕府軍を長州軍が追撃しないことだけはお約束します」といった。
 勝の後年の座談ではいかにも成功したように話しているが、実際のところは、すでに幕府軍の敗北を見通していた広沢の方が一枚上手だったのである。
 というのは、勝が長州と密かな交渉をしている留守中に、徳川慶喜は天皇に泣きついて、「長州と和睦せよ」という勅語を出してもらっていたからである。
 広沢はさすがに目が鋭かった。結果的には、勝も慶喜にだまされたのである。そしてこの年の一月には、長州藩はすでに薩摩藩と軍事同盟を結んでいた。

▲ この解説を閉じる

横井先生は二階で芝居を見物してください

坂本竜馬

▼ この名言の解説
 慶応元(一八六五)年の夏、薩摩にいた坂本竜馬は、西郷たちの依頼によって、長崎に海援隊の前身である亀山社中を作るべく北上した。
 このとき熊本に寄って、横井小楠に会った。横井小楠は好奇心旺盛だから、「坂本君、芝居がはじまるのではないかね」と聞いた。竜馬は笑って頷き、「はじまりますよ。でも先生は二階の客席でゆっくり見物してください」といった。
 これは坂本なりの牽制球であって、横井小楠が出てくると問題がややこしくなると見たのではなかろうか。坂本の考えでは、横井先生はすぐれた思想家ではあるが、実際行動になるとやはり問題を起すと考えていたのだろう。小楠は自分のことをそうは思っていない。「そろそろ自分の出番があるはずだ」と、その芝居での役割を期待した。
 が、坂本はさらりとかわしてしまった。この辺はなかなか、かれの師匠の勝海舟から引き継いだ政治性が身についたといっていい。

▲ この解説を閉じる

おもしろい芝居がはじまります

大久保利通

▼ この名言の解説
 幕府が第二次長州征伐を令したころの、薩摩での大久保利通の言葉だ。
 かれは「いよいよおもしろい芝居がはじまります。しかしこの芝居はわが思う図に乗ったようなもので、かれはかれ、われはわれで大決断策を用いなくては済まないでしょうから、まず気張っていただきたい」といっている。
 かれはかれというのは「長州藩は長州藩で独自に考えるでしょうから」ということであり、われはわれというのは「薩摩藩は薩摩藩で自主性をもった行動計画を立てるべきです」ということだ。
 しかしこのころは大久保もすでに西郷と同じように「長州藩と手を組むべきだ」と考えはじめていた。
 幕府首脳部から薩摩藩代表として大久保が呼び出され「第二次長州征伐に出兵するように」と命ぜられると、大久保は、「この戦争には大義がありません。出兵はお断りいたします」といって断った。藩主の代理として断り状を差し出した。
 幕府側ではこの書面を見て「藩主の署名捺印がない」というと、大久保は「では」といって、しゃあしゃあと自分が代筆してしまった。その豪胆さに幕府首脳部は顔を見合わせ、呆れたという。

▲ この解説を閉じる

共に錦旗を掲げて帝基を護らん

黒田清隆

▼ この名言の解説
 これは薩長連合が成立した直後、立ち会っていた黒田清隆が長州藩士山県有朋に贈った詩の一節だ。
 山県は別項で書いたように和歌の名人で、風流心があった。黒田清隆も詩を作るのが得意だ。そこで連合成立の後、再会を期して黒田と山県は互いに別離を惜しんだ。
 山県も詩を作った。「両心相結んで 相離れず……一語君に贈る 君よく記せよ 回天の志は 皇基を建つるにあり」と。
 これに対し黒田が詠んだのは「男子なにすれぞ 別離を嘆くぞ……共に錦旗を掲げて帝基を護らん」と、お互いに大いに志を述べあった詩だ。
 このころの黒田は完全に山県と意見が一致していた。同時に友情も湧いていた。人間と人間による「薩長連合」を二人が示したのである。

▲ この解説を閉じる

薩長一致シテ事ヲ済《な》スベシ

黒田清隆

▼ この名言の解説
 黒田清隆がこの言葉を口にしたのは、禁門の変(元治元〈一八六四〉年七月)のときだ。相手は西郷隆盛だ。尊敬する薩摩藩の先輩だった。かれに「砲術の名人にならず、天下に有用の士となれ」と助言した人物だ。
 西郷は驚いた。というのは、禁門の変で西郷は薩摩軍の指揮を執って、近代化した銃隊によって長州軍を敗北させたばかりだったからである。西郷にすれば(この男は一体何を言い出したのか?)と眉を寄せたに違いない。
 しかし黒田は本気だった。こういう不幸な事が起こったが、しかしいずれは薩摩藩と長州藩が手を組まなければ、回天の大業は成功しないと見ていた。
 その先見力はすばらしい。西郷は感心した。しかし西郷自身が長州藩に行けば殺される。自分たちを御所から追い払った憎い敵だったからだ。
 黒田清隆は西郷の秘命を受けて、旧知の長州藩士品川弥二郎と会った。そして木戸孝允(桂小五郎)に密かに面会した。
 しかし木戸はけんもほろろだった。「われわれにあれほど大損害を与えた薩摩藩と、なぜ手を組まなくてはならぬのか」と逆に食ってかかった。黒田は意気消沈した。
 こういう状況を見ていたのが坂本竜馬である。「こういう話は、当事者同士ではなく第三者が仲介役になった方がいい」といって、乗り出してきた。

▲ この解説を閉じる

砲技の人となるなかれ 天下の士となるべし

西郷隆盛

▼ この名言の解説
 この言葉は西郷隆盛が後輩の黒田清隆(当時は了介)に告げたものだ。黒田清隆が、藩の命令によって幕末の有名な砲術学の江川塾(すでに死んだ太郎左衛門が開いた砲術塾)に入門したときに、西郷が黒田を戒めて告げた言葉である。西郷は黒田の中に「将来こいつはものになる」という資質を認めたのだろう。
 西郷自身、郡奉行所役人であったときに、主人の島津斉彬から「薩摩のカエルで終わるな。日本のカエルになれ」と諭されたことがある。同じことを後輩に告げたのだ。
 これは黒田と薩長連合の下工作をしていた長州藩の山県有朋についても同じ事が言える。
 山県もはじめは槍の名人を志したが、松陰や諸先輩に諭されて「尊王攘夷論者」という思想的発展を遂げてゆく。
 黒田は数学が得意だったという。また英語もよくこなした。江川塾で砲術の免許皆伝を受けたが、同時に黒田は「人を指揮し統率する要領」も身につけた。
 西郷が忠告した「砲技の人(砲術の名人)にならず、天下の士となるため」の勉学であった。

▲ この解説を閉じる

書籍名 : 幕末 男たちの名言
時代を超えて甦る「大和魂」
発  行 : PHP研究所
著  者 : 童門冬二
定  価 : 950円(税別)
※この書籍はこちらからも購入できます→