NPO法人武士道協会

これまでの名言集

大義(尊王攘夷の実現)のためにはお互いの藩が潰れてもかまわない

久坂玄瑞

▼ この名言の解説
 久坂玄瑞が土佐藩の郷士・武市半平太(土佐勤王党の党首)に出した手紙の一部だ。
 藩というのは「かこい・垣根」の意味がある。江戸時代の幕藩体制というのは中央集権政府である徳川幕府と、地方自治体である各藩(大名家)とで成立していた。しかしタテ社会であることは間違いない。久坂玄瑞はそれを、「ヨコにしよう」と提唱した。
 ヨコにするというのは国際という言葉があるように“藩際”の連合体を作ろうという呼びかけだ。日本の全藩がヨコにつながって一大連合をつくり、それによって大義を実現しようという壮大な案だ。これは明らかに“タテ社会”の否定であり“ヨコ社会”の創出を意味する。
 しかし、幕府首脳部が嫌ったのはこのヨコ社会化だ。大老の井伊直弼はこういう呼びかけを“処士横議(幕府の苦労も知らないで、勝手なことばかりほざいている輩のグループ)”と言って弾圧の対象にした。
 井伊直弼の考えでは、大体、横という字が付く熟語にろくな言葉はない。横議をはじめとして、横領・横着・横断・横車を押す・横恋慕などである。だから井伊たちは「ヨコになっている連中を、まっすぐタテに起こさなければならない」と必死になっていた。
 しかし久坂玄瑞の提唱はやがて形になって現れはじめる。つまり、最初は藩に迷惑をかけてはいけないと思って藩から飛び出る(脱藩する)ような志士も沢山いた。坂本竜馬などはそのいい例だ。
 やがて、このヨコとヨコの連合が、そういう自由なグループだけではなく、藩そのものが手を結ぶようになる。薩長連合や薩土連合などは完全なヨコ社会の実現である。
 そしてこういうヨコ社会をつくりだしたのもすべて藩の下級武士であり、あるいは農庶民だった。いってみれば“草の根”である。

▲ この解説を閉じる

あいつの首を斬らなかったのは、あいつが心の底から日本帝国の平安を願い、そのために必死の努力をしたからだ

井伊直弼

▼ この名言の解説
 あいつというのは岩瀬忠震のことだ。井伊直弼が最も憎んだのが岩瀬忠震だ。それはかつて自分に対し、「あなたは大老としての能力がないのだから、引き受けるのをやめなさい」と直談判したことだけではない。幕臣の身で、次の将軍を一橋慶喜にしようとあちこちに語りかけ、積極的な政治工作を行っていたからである。
 井伊にすれば、「将軍を誰にするかというのは徳川家内部の問題だ。徳川家の相続人を決めれば、自動的に将軍になる。身分の低い幕臣たちが口を出すことではない」ということだ。したがって岩瀬忠震の行動は、仕事を離れてとんでもない政治活動に身を置いていると見えた。
 安政の大獄で、一橋慶喜擁立派は、幕臣であっても片っ端から処分された。しかし岩瀬はそのままだった。というのは井伊にすれば「対米交渉は岩瀬をおいて他にできるものがいない」と考えていたからである。
 そこで日米通商条約の調印が済むと同時に、井伊は岩瀬に蟄居の命令を出した。このとき次のような談話を発表している。
「岩瀬輩、軽賤の身をもって、柱石たる我々を閣き、ほしいままに将軍儲副の議を図る。その罪の悪むべき、大逆無道をもって論ずるに足れり。しかるを、身首所を異にする(首を斬る)に至らざるを得るは、彼、その日本国の平安を謀る、籌画図にあたり、鞠躬尽瘁の労、没すべからざるあるをもって、非常の寛典を与えられたるなり」
 本当は首を斬りたいのだが、日米交渉の努力は誰もが認めるところなので、命だけは助けた、という意味だ。
 井伊から見れば岩瀬忠震はどんなに能力があっても身分上は「吹けば飛ぶような軽い身分」だったのである。

▲ この解説を閉じる

誰余所にとらすべきやは我国の
千島と君が教え仰ぎて

川路聖謨

▼ この名言の解説
 この歌は、対露交渉の責任者として長崎港に赴く全権大使川路聖謨に水戸前藩主徳川斉昭が贈った歌に対する返歌だ。斉昭の歌は、
我国の千島のはてはえぞしらぬ さりとてよそに君はとらすな
(日本国領土である千島のはてのことはよく知らない。だからといって絶対にロシアにとられてはならないぞ)
 という意味だ。だから川路聖謨は、
(絶対に千島をロシアに渡すことはありません。斉昭公のお教えを守ります)
 と応じたのである。歌は藤田東湖が届けた。同時に「主人からの贈り物です」といって薬も一緒に渡した。
 川路聖謨はかねてから藤田東湖と親交があり、その攘夷論の底に潜む愛国心に胸を打たれていた。
 川路も開明的な老中・阿部正弘によって登用された海防掛目付だから、決して頑固な攘夷論者ではない。しかし皇室に対する尊崇心が厚く、奈良奉行時代にも荒れ果てた天皇陵をいくつも修復している。“尊王開国論者”と言っていい。“頑民斎”と号した。
 のちに江戸開城の寸前、彼は日本で最初のピストル自殺を遂げる。
 彼はロシア大使プチャーチンと交渉した時、サハリン(樺太)は、どちらの国にも属さないという、世界でも珍しい帰属条約を結んだ。「住んでいるいろいろな国の人間が、どこかの国に属したいと言い出したときに改めて相談しよう」という内容であった。現在の国際紛争にも十分活用できる条約だ。底に、ヒューマニズムが流れているからだ。
 しかし、川路はあくまでも根っこは忠実な徳川武士であった。

▲ この解説を閉じる

いま外国と和親もせず、戦争もしない独立国家など世界に一国もない

岩瀬忠震

▼ この名言の解説
 岩瀬は別項で書いたように積極的な開国論者だった。アメリカとの通商条約はほとんど彼が独断で調印したといっていい。
 彼には不安があった。それは、
「外国諸国は単独で存立しているわけではなく、必ず会盟(同盟)を結んで、共同歩調をとっている。これは、敵に対する防衛戦線だ。昔は単独国家同士が戦争をして、互いにその興亡を争ったが、いまはそんな時代ではない。むしろ“会盟の時代”と言っていい。日本国もそのことを知るべきだ。
 にもかかわらず、開国を迫る諸国に対し、いたずらに攘夷論などを唱えることはあまりにも世界の常識からかけ離れている。日本があくまでも鎖国の姿勢を守るなら、開国を迫るのはアメリカ一国でなく、アメリカに同調する世界の列強が次々と押し寄せて来るだろう。やがては、戦争になるかもしれない。
 日本は天孫降臨以来、万世一系の神国だ。これを守り抜くには、いま三百年の旧法を変じ、全国一同力を合わせ、外国との積極的な交際に踏み切るべきだ」
 これは、彼がほとんど独断で結んだアメリカとの通商条約を、大老井伊直弼が自身で朝廷に説明しに行かず、飛脚をもって報告したために、朝廷が大いに怒った時に書いたものだ。
 岩瀬は憂慮し、右のような嘆願書を朝廷に提出して、天皇の許可を求めようとした。しかしこのとき、天皇は許可しなかった。
 これがきっかけとなって、天皇の妹和宮の将軍家への降嫁という“公武合体策”がとられることになる。しかし、岩瀬は井伊によって重い罰を受け、蟄居させられてしまった。

▲ この解説を閉じる

鎖国は地球諸国に対する大きな害です

渡邊崋山

▼ この名言の解説
 渡邊崋山は三河国田原(愛知県田原市)藩三宅家家老を務める武士だった。画家でもあった。しかし高野長英と同じオランダ学研究グループ“尚歯会”に属し、彼は彼なりに自分の考えを『慎機論』に書いた。それは、攘夷がいいとか悪いとかいう前に、現在の鎖国状況を解くべきだという趣旨である。それは、「モリソン号の例と同じように、諸国の船が大海を航海すれば、必ず燃料が足りなくなったり病人が出たりする。不足する食料を得たり、あるいは病人を上陸させて看病するためには、どうしても船の近くにある国が協力して入港させなければならない。これを拒むのは天道・人道に反することになる。一国完結主義(鎖国)は、地球上の諸外国にとって大きな害になる」というものであった。
 これも幕府を怒らせた。渡邊崋山も最後は自殺する。いまなら常識と言っていい正論を吐く知識人たちは、こうしてばたばたと自ら命を絶っていった。日本国にとってまさに“開国の陣痛期”と言っていい。

▲ この解説を閉じる

外国船を打ち払うことで、日本は暴国・不義の国になります

高野長英

▼ この名言の解説
 高野長英は奥州(岩手県奥州市水沢区)出身のオランダ医学者だ。長崎に行って有名なシーボルトの門人になった。シーボルトから“ドクトル”の称号を与えられている。しかし、開明的な考えを持っていた。
 たまたま、イギリス船モリソン号が日本の漂流民を乗せて返還に来るという噂が入った。幕府は鎖国方針に基づいてこれを打ち払う(攘夷)決定をした。
 これに対し高野長英は、「もしも噂どおりイギリス船に日本の漂流民が乗っていて、これを返還するというのならそれは人道に基づく行為であって決して侵略につながるものではない」「にもかかわらず、モリソン号をいきなり打ち払えば、日本は理非もわからない暴国といわれ、義国の名を失う。まず、向こうの申し出を受けて漂流民を受け取ってから、その他の交渉に入るべきだ」という趣旨のことをその著『夢物語』に書いた。
 しかしこれが幕府を怒らせ、長英は追われてついに自殺する。

▲ この解説を閉じる

真の開国政治家は岩瀬忠震ひとりだ

福地桜痴

▼ この名言の解説
 福地桜痴は、幕臣で、オランダ学者であると同時に二度も外遊して、外国事情を実際に見聞した。
 維新後はジャーナリストになり、『江湖新聞』や『東京日日新聞』を発刊した。しばしば新政府の弾圧に遭った。
『幕府衰亡論』『懐往事談』『幕末政治家』などの著書で、幕末の政治家たちを論評した。彼が幕臣で最も高く評価したのが、川路聖謨や岩瀬忠震である。岩瀬については、
「岩瀬肥後守(忠震)は昌平黌の出身で、一躍御目付にあげられ、重職中にて最も壮年の士なりき。識見卓絶して才機奇警、実に政治家たるの資格を備えたる人なり。
 阿部内閣のときには、いまだ十分にその技量を現すに至らざりけるが、堀田内閣のときに至り、米国全権ハルリス(ハリス)が下田に渡来し、和親貿易の条約締結を請求せしに際し、応接委員となりハルリスと折衝し、親しくその説くところを聴き、大に悟りてますますその開国説を主張し、ついに堀田閣老をしてハルリスを許して参府せしめ、将軍家に拝謁して国書を親呈せしめ、堀田と外交談伴に渉らしめたるは、主として岩瀬の力なりき」
 当時、因循姑息な幕府首脳部に対し、岩瀬だけは根っからの開国論者で、
「毫も鎖国攘夷の臭気を帯びざりしは岩瀬一人にして、堀田閣老をしてその所信を決断せしめたるも岩瀬にほかならざりしこと、事実に徴して明白なり」
 と褒めちぎっている。
 しかしあまりにも純粋な性格だったために、大老井伊直弼に嫌われて憤死したことは別項に書いた。

▲ この解説を閉じる

土佐侯はご謀反を

藤田東湖

▼ この名言の解説
 生きていた頃の藤田東湖は、水戸藩の有名人というよりも日本的な有名人だった。だから、諸国から多くの人が東湖を訪ねてその意見を聞いた。山内容堂(豊信)もそのひとりだ。
 このとき容堂は、
「余(容堂)のような人間が、千古の大業を立てるには何をしたらよいかな」ときいた。
 これに対し東湖は、
「土佐侯はご謀反をお起しなさい」と応じた。容堂はびっくりした。
「謀反とは?」と聞き返すと東湖はこう答えた。
「上策は幕府に対する謀反以外ありません。本当なら、水戸藩がそれを行いたいのですが、何といってもわが藩は御三家の一つであって、宗家に弓を引くわけには参りません。勤皇の旗を京都に立てたいのですが、これは容易なことではございません。それが実現できるのは外様大名だけです。土佐侯、ぜひご奮発ください」とけしかけた。
 さすがに容堂も呆れて、
「藤田先生、また酔っての大言だな」と笑った。容堂はその席にいた者に他言無用を申し渡した。
 しかし後年になって容堂が言い出しっぺになる「大政奉還」はまさしく徳川幕府消滅のきっかけになるのだから、ある意味では東湖に勧められた“ご謀反”であることは間違いない。

▲ この解説を閉じる

佐久間象山はほら吹きで困るよ

勝 海舟

▼ この名言の解説
 佐久間象山について勝海舟が言った言葉だ。正しくは、
「佐久間象山は物知りだったよ。学問も広いし、見識も多少持っていた。しかしどうもほら吹きで困るよ。あんな男を実際の局に当たらせたらどうだろうか……。何とも保証はできないな。
 横井小楠と佐久間との人物はどうかといえば、大変な違いがある。横井という男はちょっと見たところではなんの変わった節もなく、その服装なども黒ちりめんの合わせ羽織に平袴をはいていて、大名のお留守居役とでもいうような風だった。人柄もひどく老成円熟していて、人と議論などするような野暮は決してやらなかった。
 佐久間の方はまるで反対で、顔つきからしてすでに一種奇妙なのに、平生、緞子の羽織に古代模様の袴をはいて、いかにもおれは天下の師だというように厳然と構え込んで、元来勝気の多い男だから、漢学者が来ると洋学をもって脅しつけ、洋学者が来ると漢学をもっておどしつけ、ちょっと書生が訪ねて来ても、じきに叱り飛ばすという風で、どうも始末にいけなかったよ」
 しかし若い頃の勝海舟は佐久間象山に入れ込んで、その教えをかなり受けた。しかも自分の妹順子を象山の妻にし、形の上では象山の義兄になった。
 先に書いたように象山が書斎に掲げていた「海舟書屋」という扁額までもらったのだから、この言い方は少し礼に失している。
 しかし、象山も「自分は日本のナポレオンだ」と豪語するような性格だったから、やはり「おれがおれが」の面があり、勝海舟とはまともにぶつかり合えば互いに「あいつは嫌いだ」ということになる。

▲ この解説を閉じる

藤田東湖は若者を大勢集めては騒ぎまわっている。実にけしからん男だ

勝 海舟

▼ この名言の解説
 明治維新後、勝海舟は幕末時に交際したいろいろな人物について論評を加えている。これは藤田東湖に対して勝が言った言葉だ。正しくは、
「藤田東湖はおれは大嫌いだ。あれは学問もあるし、議論も強く、また剣術も達者で、一角役に立ちそうな男だったが、本当に国を思うという赤心(真心)がない。あの頃の水戸は天下の御三家なのだから、直接に幕府へ意見を言えばよいはずだ。それなのに東湖は書生を大勢集めて騒ぎまわるとは、実にけしからぬ男だ。おれはあんな流儀は大嫌いだ」
 という東湖評だ。
 勝海舟の維新後における発言は、かなり「おれがおれが」という色合いが濃い。まるで明治維新は自分ひとりで実現したような発言さえある。
 藤田東湖は、必ずしも勝のいうような人物ではない。やはり偉大な思想家だ。しかし東湖にも多少「おれがおれが」という性癖があったのだろう。これは人間としてプラス対プラスになるから、ぶつかり合うと火花が散る。したがって両方引かない。そんな人間関係がおそらく勝にこんな東湖評を口にさせたのだろう。
 日本人にはどうも「誰が言っているか」ということを重視し、「何を言っているか」という内容を無視する悪癖がある。すぐれた人間ほど、この癖が強い。
 したがって、勝も「東湖はいいことを言っている。しかし自分は東湖が嫌いだ。嫌いな人間はいくらいいことを言おうと、自分は信用しない」という、いまでもある日本人の悪い癖が出たのではなかろうか。
 この「何を言っているかではなく、誰が言っているか」という悪癖は、歴史が変わる大事な時期にかなり判断を誤らせている。

▲ この解説を閉じる

書籍名 : 幕末 男たちの名言
時代を超えて甦る「大和魂」
発  行 : PHP研究所
著  者 : 童門冬二
定  価 : 950円(税別)
※この書籍はこちらからも購入できます→