NPO法人武士道協会

これまでの名言集

おもしろきこともなき世をおもしろく……

高杉晋作

▼ この名言の解説
 高杉晋作は慶応三(一八六七)年四月十四日に、二十九歳で死ぬ。
 この時、枕辺にいた人たちに遺言のような歌を詠んだ。それが「おもしろきこともなき世をおもしろく」で、ここまで詠んでかれが疲れたといって、下の句を続けるのをやめた。
 すると枕辺にいた野村望東尼が、「す(住)みなすものは心なりけり」と続けた。聞いた高杉は「おもしろいのう」と苦しい息の下からニッコリ笑っていった。
 しかしわたしにはおもしろくも何ともない。これは高杉の臨終時の望東尼に対するお世辞だ。わたしはむしろ上の句だけで高杉が死んだ方がよかったと思っている。望東尼ばあさんは余計なことをしたと感じている。
 野村望東尼は福岡藩士野村貞貫の後妻で、福岡郊外の平尾村に山荘を持っていた。この山荘で随分、志士を匿った。平野国臣・月性・高杉晋作などである。
 この勤王運動が藩に憎まれて姫島に流罪になった。高杉晋作はこれを知るとすぐ姫島から望東尼を救出した。
 高杉の号は「東行」だが、望東尼の号もあるいはその東行を望む、慕うという意味があったのかもしれない。いわば晋作への追っかけばあさんであり、勤王ばあさんでもあった。
 大隈言道に歌を学んでいたから、和歌が沢山ある。しかし彼女は「わたしは歌のための歌は詠まない。すべて勤王のためだ」といっていた。

▲ この解説を閉じる

追《おい》ゆきし蛍は人に取られけり

下関の芸者(名は不明)

▼ この名言の解説
 これは山県有朋が下関の大富豪石川良平の娘友子と結婚するという話が流れたとき、がっかりした馬関(下関)芸者の一人が詠んだ俳句だという。
 山県有朋も結構、紅灯の巷《ちまた》に出入りした。馬関は賑わった海港だからそういう歓楽街があった。
 高杉晋作・伊藤博文・井上馨などもしきりに出没した。奇兵隊の本営がこの近くにあったから、山県も同じように出没していた。かなりもてたらしい。馬関はいってみれば京都の木屋町や祇園のような趣があったのだろう。
 しかし「山県さんがお嫁さんを貰うわよ」という話を聞いたこの芸者は、大いに悲しみがっかりした。しかし山県有朋を“蛍”にたとえるのはおかしい。むしろ高杉晋作の方がその名に値する。晋作はまもなく死んでしまうからだ。
 晋作が死んだとき、山県有朋は、
なき人の魂《たましい》のゆくへをつげがおに おちかへりても啼《な》くほととぎす
 とその死を悼む和歌を詠んでいる。
 かれが松下村塾以来、最も尊敬していた長州人がこの高杉晋作と久坂玄瑞であった。久坂玄瑞は禁門の変で戦死し、高杉晋作は幕末ギリギリの時期に肺結核で死ぬ。

▲ この解説を閉じる

むか(向)ふ仇《あだ》あらばうてよとたまわりし
つつのひびきも世にやな(鳴)らさん

山県有朋

▼ この名言の解説
 山県有朋が「薩長連合の必要性」を感じて、先輩の高杉晋作や木戸孝允に意見具申していたことは別項で書いた。
 それを実現するために、あるとき山県有朋は同志の品川弥二郎と共に薩摩に行った。そして国父である久光に会った。この時、薩摩側は黒田了介(後の清隆)・川村与十郎(純義)が陪席した。
 久光はこの時、六連発のピストルを山県に与えた。この和歌はその感激を歌ったものだ。
 直後、山県は薩摩藩の家老小松帯刀や西郷吉之助(隆盛)・大久保一蔵(利通)らと会い、薩長連合とその後に行うべき「討幕」の戦略についても細かく語り合った。これが薩長連合の端緒だといわれる。
 薩長連合といえばすべて坂本竜馬と中岡慎太郎の功績に帰しているが、必ずしもそうではない。連合の話は、いろんな人間がいろんな角度からいろんな相手と語り合っている。坂本竜馬と中岡慎太郎は、それをまとめたといっていいだろう。
 最初の発想と下工作は、主として山県有朋と黒田清隆の間で進められていた。

▲ この解説を閉じる

いま必要なのは馬上の決断です

山県有朋

▼ この名言の解説
 これは慶応元(一八六五)年の暮れに、山県が木戸孝允(桂小五郎)に出した手紙の一節だ。
「砲声一発を放つことは、防長の二州にとっても、また神州(日本)にとっても幸いなことであると思います。今必要なのは馬上の決断であり、それをひたすら願っております。必要なことはこの防長二州を必死の場所に置くことであって、戦略などは第二の問題です」という内容だ。
 つまり長州藩は完全に孤立した危機に立ってこそ、生きる道が得られるという意味だ。それには、まず幕府に対し宣戦を布告することが先決であって、どうやれば勝てるかなどという机の上の作戦など意味がない、という強気の発言である。
 かれは議論が嫌いだった。「不言実行」を重んじた。したがって萩城の中で、ああでもないこうでもないと第二次長州征伐軍を迎える藩首脳部が議論ばかりしていることを苦々しく思っていた。
「そんな机の上の議論など何の役にも立たない。そんな暇があったら、さっさと武器を手にそれぞれの口(長州への入口)に飛び出して、幕府軍を迎え撃った方がいい。迎え撃つよりもこっちから宣戦布告した方が先手が打てる」という積極論の展開だ。
 つまり「攻撃は最大の防御なり」ということの実践である。

▲ この解説を閉じる

元就公の位牌を掲げて戦おう

山県有朋

▼ この名言の解説
 これは、奇兵隊が反乱を起こして藩庁を乗っ取ろうとしたときに参加した山県有朋が詠んだ歌だ。
 後年、山県有朋は「日本官僚の祖」といわれ、同時に「クールで知が勝っている人物だ」といわれたが、ここにもその側面が現われている。
 奇兵隊の反乱は、文字通り正規軍を抱える藩庁に対する謀反だ。しかしそれを謀反に終わらせないためには、「毛利家の家祖である元就公の位牌を掲げていけば、保守的な藩庁も文句は言えまい」という知恵を山県は出した。これは「われわれは反乱軍ではない。毛利元就公の軍だ」という宣言だ。
 そうなると藩の正規軍も手が出せなくなる。「奴らは家祖元就公の位牌を掲げているぞ。あれに弾を撃つことは逆に我々が謀反人になる」という心理的な弱みを感ずる。躊躇する。それが山県の狙い目だった。悪知恵といっていい。
 こういう面が後年のかれが政敵を滅ぼすときにしばしば使われた。だから「山県は陰険だ」と見られた。
 しかしかれにとって至上の存在は天皇であって、天皇のためにはいつでも自分の身を投げ出すという決意があるから、やはりたとえ陰険であってもその策には迫力があった。
 これは吉田松陰がいった「山県小助は気の人間だ」という評言を、山県自身も死ぬまで守り続けたといっていい。
 まさに鉄の意志をもち、常に当たって砕けろ的な行動を起した。それが相手を打ち砕くのである。

▲ この解説を閉じる

ひつじ(羊)のみ群《むらが》る世こそうたてけれ
とら(虎)ふ(臥)す野辺に我はゆかまし

山県有朋

▼ この名言の解説
 幕府が第二次長州征伐を決定した直後に詠んだ歌だという。
 松陰が「小助(有朋)は気の人物だ」といったように、かれはこういう状況になると勇猛な武士精神を発揮する。
 周りを見ると弱い羊ばっかりだ。こんな世は全く嫌だ。自分はたとえ虎が寝そべっていようと、そこへ突入して行くぞという覚悟の程を示したものである。
 このころのかれは、高杉晋作から奇兵隊を任されていた。そこでかれは隊を率いて馬関(下関)防衛のために赴任する。この時に自分の決意を示した和歌である。
 しかし戦争に赴く直前にこういう歌を作るということは、かれが文字通り「文武両道の達人」だったことを物語る。
 第二次長州征伐は、馬関(下関)・周防大島・石州口(石見口、つまり島根県からの入口)の三方から幕府軍攻撃を受けた。
 しかし、それぞれ、長州藩は文字通り藩民一体となってこれを迎え撃った。特に馬関口では、長州軍が軍艦に乗って小倉にまで攻め込み、逃げる幕府軍を追撃した。追撃軍の先頭には山県をはじめ高杉晋作や坂本竜馬まで参加している。
 このころから山県はしきりに“薩長連合”の必要性を感じ、しばしば高杉や桂小五郎に進言していた。

▲ この解説を閉じる

たとえ身は水《みず》く屍《かばね》となりぬとも
唾《つば》ほふりてむ醜《しこ》の夷《えびす》を

山県有朋

▼ この名言の解説
 攘夷実行の日(文久三〈一八六三〉年五月十日)に山県が詠んだ和歌だ。自分の身は海で死体になろうとも、唾で醜い外国を滅ぼしてやる、という意味だ。
 もともと攘夷というのは「夷《えびす》を打ち払う」ということで、中国に伝わってきた“中華思想”に基づいている。中華思想というのは「世界で自分の国が一番文化の進んだ国で、周りは遅れている」という考えだ。
 東の夷が東夷、西が西戎、南が南蛮、北が北狄である。だから攘夷というのは東夷を討つという意味だ。このころ日本に来る列強はすべて太平洋側からやって来たからである。
 日本の文化や思想には古代中国から伝わったものが多い。漢という言葉を使う用字例が多い(漢方薬など)。だから古代中国で生まれた中華思想が、いつのまにか日本人の価値観に変わっていた。
 幕末の攘夷思想は文字通り「東からやってくる夷を打ち払う」というものだ。山県の和歌は完全にその思想を自分のものとしている。
 余談だが戦争中の軍歌に「海行かば水く屍」というのがあったが、山県の歌はその走りと言っていい。
 松下村塾にいたころの山県は、気一辺倒だったが、かれは生涯和歌をよくつくった。文学精神もかなりあったようだ。
 したがって若いころ「槍の名人になろう」と考えたのは、場合によっては山県自身の自己認識に多少の見落としがあったようにも思われる。

▲ この解説を閉じる

ああ、世、材なきを憂えず、材を用いざるを憂う

吉田松陰

▼ この名言の解説
 生きていたころの吉田松陰が、自分の松下村塾で学ぶ若者たちを「才と気」に分けて分析し、それぞれの能力を活用するように長州藩の上層部に意見具申した言葉の中の一節だ。
「野に遺賢なし」というが、実際には野に遺賢だらけであって、松下村塾にも沢山の人材がいる。分ければ才に溢れた者と気に溢れた者になる。
 その気に溢れた中に山県小助(後の有朋)のごときは、「まさに気の人材であって、その勇敢にして事に当たる気概は他人の追随を許さない」と褒め称えている。
 松陰は決して門人の欠点を見ることなく、長所だけを取り上げてそれを伸ばそうとした教育者だ。だから逆に門人たちはそういう師の態度に感動して、自分で自分の欠点を押さえ込み、長所を伸ばす努力をした。
 入門した頃の山県小助は槍の達人で、将来道場を開いて槍を教える気でいた。しかし友人に「いま生きる若者はもっと思想を持たなければだめだ」といわれて松下村塾に入った。ここでかれは完全に生まれ変わる。熱烈な尊王攘夷論者になる。
 この頃の代表的な門人を絵に描いた者がいた。高杉晋作は暴れ牛、久坂玄瑞は藩の重役、そして山県有朋は単なる棒切れに例えられた。
 これもまた山県を発奮させる原因になった。「おれは棒切れではない。立派な志士になってみせる」と自己研鑽に勤しんだ。
 しかし若いころに持った尊王攘夷思想は死ぬまで変わらず、かれは天皇のための日本国軍の創設、あるいは官僚制の祖になる。
 ロンドンに留学したこともあり、開明的な考えを持っていた同じ松下村塾門下の伊藤博文とは、明治末年になってしばしば政策で争う。
 その芽は、すでに松下村塾時代に生まれていたといわれる。

▲ この解説を閉じる

非義の勅命は勅命ではありません

大久保利通

▼ この名言の解説
 国内戦争を起すには大義名分が必要だ。最も手っ取り早いのは天皇の命によって相手を討つことだ。これは昔から権力者がやっている。天皇の命によるからこそ、敵を討つ軍勢は「征伐軍」といわれる。つまり天皇軍なのだ。
 第二次長州征伐を行うのにも、やはり幕府は天皇の許可を得なければならない。この工作を知った大久保利通は、果敢に朝廷工作に踏み切った。島津家の親戚である近衛忠房を動かし、二条関白や中川宮朝彦親王に働きかけた。
 大久保は第二次長州征伐の非義ぶりを主張し、「たとえ勅命が出ても、非義の勅命には薩摩藩は従いませんぞ」と脅しをかけた(これは事実そのとおりになる。第二次長州征伐に薩摩藩は出兵拒否)。第二次長州征伐の勅命はなかなか下らなかった。
 怒ったのが一橋慶喜である。それは第二次長州征伐の勅許を得るために、すでに第十四代将軍徳川家茂が参内していた。にもかかわらず、家茂はずっと控の間で待たされていた。脇の者が理由を聞くと、
「薩摩藩の大久保一蔵が緊急の申し談じをしているので」
 ということである。慶喜はすでに大久保一蔵の存在を知っている。何かにつけて幕府のやり方に嘴をはさみ、そして妨害する。いま御所にいるのはおそらく長州再征の勅許を出させまいとする工作に違いないと判断した。慶喜はこういった。
「一陪臣の意見を聞いて軽々しく朝議を動かすような事があっては、天下の大事だ。こんなことを認めるのなら、将軍はじめわれわれも一斉に辞任する」
 これを聞いてさすがに朝廷のほうも動揺した。結局、勅許は出た。大久保は面目を失った。以後「大久保評判よろしからず」ということになる。慶喜の猛烈な巻き返しが功を奏したのである。
 悔しがった大久保は中川宮に向かって「朝廷もこれ限り」と悪態を放った。このころの大久保の勢いは誰にも止められなかった。

▲ この解説を閉じる

たとえ一藩でも天朝奉護、皇威を海外に輝かせよう

大久保利通

▼ この名言の解説
 すっかり硬化した長州藩に、もう一度鉄槌を加えようと、徳川幕府は第二次長州征伐を計画した。
 各大名家に出兵を促したが、どこも応じない。もう戦争はこりごりだというのが各大名家の本音だった。それに、軍費を調達するために税を重くしたので、かなりの大名家で農民一揆が頻発していた。
 大久保利通はこういう状況を見て「幕府にはすでに大名を統制する力がない」と判断した。幕命に背くということは、そのまま大名家が「割拠」を実行し始めたということである。これに乗り遅れてはならない。
 先の見通しの利く大久保はそこで「たとえ薩摩藩一藩でも天朝奉護、皇威を海外に輝かせるような大策に着眼すべきだ」と主張した。
 しかしまだこの段階で大久保は「討幕」とは言っていない。あるいは「徳川家も一大名家だ」と見ていたのかもしれない。
 大久保にすれば、長州再征が成功すれば、必ず幕府軍は薩摩藩を潰しに来ると信じていた。事実、一橋慶喜の計画は大久保の思うとおりだった。
 信じられないことだが、陪臣(大名の家臣)で、それも下級武士だった大久保利通という存在が、いまは天下を動かしかねないような力を持ちはじめていたのである。

▲ この解説を閉じる

書籍名 : 幕末 男たちの名言
時代を超えて甦る「大和魂」
発  行 : PHP研究所
著  者 : 童門冬二
定  価 : 950円(税別)
※この書籍はこちらからも購入できます→